010お知らせ

富士フイルムの新プロジェクト『Green Graphic Project(GGP)』に
弊社 静岡新聞総合印刷が参加しました。

GGPは、富士フイルム製の無処理プレートを使用することで
CO2の排出量削減に繋がり、開発途上国の支援にも繋がるという活動です。
活動の詳細は、富士フイルム『Green Graphic Project』HPを御覧ください。

以前から参加している『PLATE to PLATE』(アルミリサイクルシステム)と『Green Graphic Project』の弊社のCO2削減量を合計すると、約1,433t。
杉の木に換算すると、約10万本になります!

静岡新聞総合印刷では、今後もこの活動を支援するとともに、環境保全に勤めて参ります。

ggp2.jpg

▲このページのトップへ

この度、静岡新聞社・静岡放送のメディア・ユニバーサルデザイン(MUD)プロジェクトチームが、内閣府の 平成28年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰で内閣総理大臣表彰を受けました。

今回の表彰は、社全体でプロジェクトチームを発足させ、このチームが中心となって
テレビ放送や新聞報道におけるユニバーサルデザインへの取組を行っていることが評価されたものです。 (静岡市役所ホームページより)

同チームは、国内初の取り組みとして、白内障患者や高齢者に対し、配慮したカラーユニバーサルデザインを取り入れ、 新聞に「ユニバーサルデザイン」のコンセプトに基づいた「UDフォント」を導入し、より幅広いターゲットを対象にユニバーサルデザインに取り組んでいます。(詳しくはこちらをご覧ください)

▲このページのトップへ

『印刷品質・技術向上へ、若手部員の挑戦ーINCQCを受賞してー』【印刷部 赤羽昭人】が新聞技術2016Ⅳに掲載されました。


完成.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像


新聞技術とは、一般社団法人日本新聞協会が発行している
最先端の新聞技術を掲載している刊行物です。
静岡新聞総合印刷がINCQC(国際新聞カラー品質クラブ)コンテストに挑戦し、
世界3位に入賞した内容が掲載されています。


若手社員が中心となり、様々な課題を乗り越え受賞するまでを報告し、
日本の新聞技術に刺激を与え、新聞印刷業界全体の底上げにつながる論文となっています。

INCQC世界三位入賞についてはこちらをご覧ください。


▲このページのトップへ

先日、1941年12月8日付「ハワイ報知」復刻版印刷を行いました。

1941年12月8日は、真珠湾攻撃の翌日です。

今回の復刻版は、安倍首相が真珠湾へ慰霊訪問されるのに合わせた

「特別記念号」として印刷です。

IMG_2457.jpg

この紙面は静岡県内の静岡新聞取扱販売店1250円(税込)

47CLUBを通じての場合記念クリアファイル付470円(送料・税込)にて

12月21日(水)から販売致します。(詳しくはこちら



限定発売ですのでご購入はお早めに!

▲このページのトップへ

INCQC国際新聞カラーコンテストで世界3位

イフラ授賞式編集版サイズ小.jpg

静岡新聞社はこのほどWAN-IFRA(世界新聞・ニュース発行者協会)主催の国際新聞カラー
品質クラブ(INCQC)2016-2018コンテストで、厳格なISO規格で新聞を印刷できる社として
入賞を果たし、オーストリア・ウィーンとインド・コルカタ(アジア賞)で表彰されました。
同コンテストの入賞は2006年、2010年に次いで3回目で、
特に今回はエントリーした部門で世界3位に入る最高成績となりました。

2016年の今回は色再現性の正確さが求められる数値評価で、
3回にわたって提出した全てにおいて満点を獲得。文句なしの世界一となりました。
もう一つの官能評価(見た目のキレイさ)では、紙面から読み取れる印刷機のセッティング精度、
色のバラツキの有無、色の鮮やかさ、紙面品質等、紙面全体が精査され、
数値評価と官能評価の点数を合せた総合評価で、世界3位となりました。

これまでも静岡新聞のカラーは皆様から高い評価を得ておりますが、
今回の入賞でその実力を世界に示すことができました。
新聞カラーの先駆けとして、新聞印刷技術のトップを走ってきたと自負しておりますが、
現在も先人の技術や思いを引き継いで日々研究を重ねています。

受賞に慢心することなく、今後も紙面一つひとつを大切にし、
世界水準の新聞を読者のもとに届けてまいります。

IMG_22071102.jpgのサムネイル画像

▲このページのトップへ

弊社は2008年10月より、富士フィルム製CTP版/PS版の「Plate to Plate」リサイクル活動に参画して来ました。本活動が富士フィルム様より認証され、2012年6月29日にラベル登録番号を取得しました。ラベルは下図のように版材(プレート)の水平リサイクルをイメージしたものになっています。

P12F00122_01a.jpg

P12F00122.pdf

「Plate to Plate」ラベルは、ISO14021タイプⅡ(自己宣言型)の環境ラベルです。

 

関連記事はこちら

 

 

▲このページのトップへ

ハンブルクにてINCQC2010-2012を受賞しましたので、沿革の各賞受賞を更新しました。

 

▲このページのトップへ

 10月4日~6日にハンブルク(ドイツ)でIFRA Expo 2010が開催され、展示会と並行して Focus Session の講演があります。2度目のINCQCメンバー入りを果たした静岡新聞社の創造的な取り組みが評価され、IFRAより Focus Session 4 :印刷のエクセレンスについて講演依頼がありました。最終日の6日に藤田取締役印刷局長が「Precise color registration for 4 hi-tower press」(4hi機のレジスター精度について)講演する事になり、フォーカスセッションでのスピーチは、日本の新聞社としては初めての出来事。

 当日は、WAN-IFRA主催のINCQC(国際新聞カラー品質クラブ)2010-2012の受彰式にも参加します。
 
 
 
 
▲このページのトップへ

 静岡新聞社は2010-2012年の国際新聞カラー品質コンテスト(INCQC 2010-2012)に応募し、2006-2008年に続き2度目のメンバー入りを果たしました。

   関連記事はこちら   →  詳細へgo

   INCQC入賞報告は、『新聞技術 213号』に掲載予定です。

 

 

▲このページのトップへ

 静岡新聞総合印刷の見学申し込みは、「静新 お客様センター 見学係」が受け付けています。

   見学のお申し込みをクリックの上、連絡下さい。

 TEL.054-284-8903

▲このページのトップへ

第一回株主総会と取締役会が6月18日に開催され、次の役員人事が決定しました。

     新任 代表取締役社長  藤田輝夫

     退任 代表取締役社長  上田公一

藤田輝夫氏は静岡新聞社取締役印刷局長を兼務となります。

 

 

▲このページのトップへ

事業内容のギャラリ(刷り物)をホームページ上に掲載しました。

 日刊紙   → ギャラリへgo

 チラシ印刷 → ギャラリへgo

 

 

▲このページのトップへ

 株式会社 静岡新聞総合印刷 会社設立に伴い、ホームページを公開しました。

▲このページのトップへ

2010年4月1日、株式会社 静岡新聞総合印刷を設立しました。静岡新聞社印刷局からの分社です。

 

代表取締役社長のあいさつ  → こちら

 

 

 

▲このページのトップへ

▲このページのトップへ

このページのトップへ