053私の仕事

053私の仕事

【印刷部】 川端優文(2010年入社)

川端写真加工.jpgのサムネイル画像


――仕事をして(働いてみて)感じた事は?


新聞印刷という仕事は読者の元に1分1秒でも早く新聞を届けるため、

常に時間に追われながら仕事をしなければいけないという事を、

先輩から教えて頂きました。どの仕事でもいえる事ですが、

どんな小さなミスでもそれが引き金となり大きなトラブルを生んでしまう可能性があります。

新聞印刷の場合は、そのトラブルが読者へ届く時間の遅れへと繋がってしまいます。

このことから確実かつ迅速な作業を求められることを一番に感じました。



――仕事でつらかった事、そしてそれをどう乗り越えましたか?


私が大変だったのは夜勤のときの生活リズム確立と、夜勤から日勤への体の切り替えが大変でした。

夜勤では、20時~4時まで仕事をするのでまだ慣れない頃は、

仕事中も眠気が襲って来たりすることが多々ありました。

また、夜勤が終わってから次の夜勤までどうやって過ごしていけばいいのか分からなかったので、

先輩方にどう過ごしているのか聞き参考にさせてもらい、自分の生活リズムを確立させました。



――休日の過ごし方


休日は趣味のテニスをしています。

日勤が終わったときにも余裕があるときは通っているテニスクラブに行って

テニス仲間と試合をしたり、レッスンに参加しています。

土日が休みのときには積極的に大会に参加し、

日々の鍛錬の成果を出せる様にプレーしています。

また、お酒が好きなので、友達や会社の先輩、後輩を集めて飲み会を開いたりしています。



――入社希望者へのメッセージ


私達の会社は若手社員が多く活気に溢れています。

そのおかげで私自身も悩みがあるときは、気軽に相談をしたり、後輩の話を聞いたりしています。

普段届けられる新聞がどの様な工程で作られているのか、

疑問に感じる人、機械をいじるのが好きな人はぜひ我社に!

このページのトップへ