054社員日記

極まれに躍動的になる休日
2015.11.11

2015年10月初旬に、海上自衛隊が主催の【観艦式】に参加してきました。

スケジュールを確認すると『きりしま』『あたご』『こんごう』などが来てくれると分かったので、自分は『こんごう』目的で参加しました。(『こんごう』は、大日本帝国時代の英雄艦である金剛型一番艦戦艦金剛の名を受け継いだ三代目であり、高速戦艦として機動部隊の随伴艦に"唯一適した戦艦型"で戦時中に大活躍した英雄戦艦です)

会場までは初めての道だった為に思わぬ苦戦をしましたが(20年程前の人はカーナビ無しにどうやってこんな複雑な都会を走ったのでしょうか...)何とか朝9時40分に到着し、10時の開門で入場しました。この時すでに護衛艦のデカさに圧倒されていました。TVやガイドブックで見るよりもさらに迫力があり、正直ここまでデカいとは思っていませんでした。

護衛艦S.jpg

観艦式会場の駐車場に車を止め、乗艦前のボディチェックと手荷物検査の為並びました。意外にも人が多く、早く来て良かったと思いました。検査は金属探知機を使う徹底ぶりでしたが、無事終了してやっと乗艦する事ができました。
乗艦は『あすか』→『ちょうかい』→『こんごう』の順で見る事ができ、予想以上に狭かった艦内で、護衛艦を下から上までを三隻分往復して内装や装備や設備や武装を堪能しました。しかも、目的である『こんごう』に乗艦できただけでなく、案内自衛官さんのご厚意で艦長席に座り写真を撮ってもらう事ができました。多分今年の運を全て使い切りました。

護衛艦SA.jpg

今回の戦果から考えると、少し無理してでも行って良かったと思いました。現地に長居出来なかったので午後には帰路についてしまいましたが、実際は19:00からイルミネーションもやっていたそうです。

ところで、この職場には空母型の『ひゅうが』を近くで見た事のある幸運な人が居るそうです。護衛艦よりもっと巨大な、それはもう圧巻であったであろう空母型護衛艦ですが、次の観艦式では(僕の史実や戦艦や護衛艦熱が冷める前に)空母型の『かが』に来てもらって是非とも乗艦してみたいですね。
それと、敷島型四番艦戦艦『三笠』の実物が横浜の公園に展示されているらしいのですが、知らなかったのでスルーして帰ってきてしまいました・・・。
残念。

た機長

このページのトップへ