054社員日記

ハワイ駐在員の投票って
2016.7.22

今回の参議院選挙から選挙年齢が20歳から18歳に引き下げられましたが、新たに選挙権が与えられた18歳以上の皆さんは、選挙に行きましたか?
私はハワイ報知に勤務しており海外駐在中ですので選挙に行くことはできませんでしたが、駐在員の投票方法について知らなかったので調べてみました。

調べてみた結果、現地の領事館に行けば投票は可能との事。しかし「在外選挙人名簿」というものに登録し、「在外選挙認証」を取得しなければ投票が出来ません。
在外選挙人名簿登録申請書はwebからダウンロードする事ができて、日本のパスポートと、該当する領事館の管轄区域内に3ヶ月以上継続して滞在している事を証明できる資料が必要のようです。

登録申請してから在外選挙認証が交付されるまでには2~3ヶ月を要するとの事でした。申請から取得までの期間を考えると、私たちのような海外駐在員はネット投票など、別の手段が利用できようになれば有り難いと感じました・・・

皆さんは「シルバーデモクラシー」という言葉をご存じでしょうか?
これは、有権者のうち高齢者が占める割合が高い為、高齢者の意見が過剰に政治に反映されやすい状態を指します。
今回の選挙権年齢引き下げに伴い、全国で240万人の若い有権者が増えたと言われています。高齢化社会でもありますので、高齢者の住みやすい町づくりは勿論ですが、若い世代も含め、誰もが住みやすい国になるよう、政治に興味を持って、選挙に参加してみてはどうでしょうか。

IMG_2038 2.jpg

しょういち

このページのトップへ