054社員日記

富士フイルム 工場見学記
2010.10. 9

 

印刷に欠かせない資材の一つに「版」があります。
版は印鑑と同じようにインクをのせて、紙に押し当てる事でインクが紙に写る。(実際の印刷にはゴムが間に入るのだけど)その印鑑部分に当たるのが「版」。
先日、静岡新聞総合印刷で使っている版メーカー、フジフィルムさんに工場見学に出掛けました。

工場は大井川のすぐ横にあり、後で技術者に聞くと、豊富できれいな水が必要らしい。
見学した工場内はチリやゴミがほとんど落ちていなくて、設備が稼動中なのに、きれいに保たれていた。色々な薬品を使う所だし、チリやゴミは製造工程の敵になるになるんだろう。

一方、工場の規模とは逆に、かなりの部分が自動化されていて、省人化が図られていた。おぉーって、びっくりするくらい。自動化されているラインは、広い面積に人がほとんどい。代わりに産業用ロボットや、様々な設備が動いていて、改めて感心する。

工場と研究所をいろいろ見学させていただいた後、フジフィルムさんの技術者と質問タイム。やはり技術者同士、話し出すと止まらない止まらない。こちらが日ごろの疑問を質問しまくるので、時間が押してしまって申し訳ないことをしたなぁと反省。しかしフジフィルムさんの技術者も、自分の製品に命掛けてる感があって、仕事に対する情熱をたくさん感じた。細かいところまで追求する姿勢、あふれ出る熱意が、こういった日本の製造業なんだなぁ。

丁寧に工場を案内していただいたフジフィルムさん。本当にありがとうございました。

 

nomo

 

 

 

このページのトップへ