054社員日記

電気保守の研修・・・
2010.11.22

 伊豆半島の郷土紙を発行している伊豆新聞本社より、研修のため一人来られました。電気保守の勉強や静岡新聞社の社風を体感・体得する為です。伊豆新聞は昭和52年より静岡新聞のグループ企業となり、静岡新聞総合印刷とは兄弟みたいなものと言えます。新聞社としてはもう一社、グループ企業があります。すこし遠いですが、ハワイのハワイ報知社。たまたまでしょうが、どちらも観光のメッカですね・・・。

 伊豆新聞本社:http://www.izu-np.co.jp/

 

 写真は電気保守実習中のひとコマ。

       自己保持回路、インターロック回路を実際に配線して動きの確認

       テスタを用いて、リレーシーケンスにおける導通不良箇所の見つけ方

       直流と交流の混在、制御回路と動力回路  などなど

1週間に渡り研修を行いましたが、電気の基本をどれほど伝えられたことか。電気保守のやり方を伝えるには短い期間でしたが、人を派遣する会社側から見れば貴重な時間だったと思います。氏曰く、会社の期待は『半端じゃない』とのことで、休憩時間もあまり取らず熱心に勉強されていました。

 今回の研修を、これからの勉強の機会としていただければ幸いです。

       

 

 

 

このページのトップへ