全国の新聞社に先駆け新聞カラー印刷を開始。
日本新聞業界賞、国際新聞カラー品質コンテスト入賞などカラー印刷技術で業界をリードしています。

代表挨拶

静岡新聞総合印刷は、静岡新聞社の新聞事業を支える新聞印刷会社です。静岡新聞社が発行する朝夕刊と特集号を印刷しています。新聞印刷を得意としている会社であり、その強みを生かして他紙の印刷も請け負っています。 当社は2010年4月に創業した若い会社ですが、前身となる静岡新聞社印刷局の歴史も含めれば80年近い歴史があります。

オリンピックが初めて日本で開催されたのは、1964年の東京オリンピックでした。まだカラーテレビは誕生したばかりで、モノクロテレビが主流の時代でした。静岡新聞は他社に先駆けて、連日のカラー写真報道を行いました。その後もカラー印刷技術の研鑽を積み、『カラーの静岡』と言われてきました。近年では、国際新聞カラー品質コンテストINCQCに3度入賞し、世界レベルとなりました。少数精説、創意工夫を貫き通し、静岡新聞総合印刷にもこれらのDNAは引き継がれています。

バブル経済期には輪転機メーカーとその後の主流となる輪転機を共同開発し、新聞印刷のモアーカラーのイノベーションを起こしました。右肩上がりの成長が止まった今、今後の新聞印刷がどうあるべきか、伝統のDNAのもとイノベーションにチャレンジしていきたいと考えています。

当社は朝、新聞を手にしたとき“きれいだ”と感じる印刷を心掛けています。正確な情報を届けるのが新聞の使命でありますが、印刷の側面から一日のはじめに元気も届けたい。読者の皆さまに一人でも多く、“きれいだ”と感じていただけるよう、日々努力を続けてまいります。

代表取締役社長大石 信吉

会社概要

会社名 株式会社 静岡新聞総合印刷
所在地 本社 静岡市駿河区登呂3-1-1
静岡新聞社制作センター
代表者 大石 信吉
資本金 1,000万円
株 主 静岡新聞社全額出資
設 立 2010年4月1日
従業員 108名(2019年4月1日現在)
電 話 [代表]054-284-9044

経営理念

「カラーの静岡新聞」として培った技術力を基盤とし、印刷に関わる事業活動を通して静新SBSグループの一員として広く地域社会との相互信頼関係を築く。絶えざる開発と改善に努め、時代を先取りする積極性をもってグループ全体の発展と社員の幸せを追求する。

沿革

カラー印刷の歩み

1960年代

全国の新聞社に先がけ、新聞のカラー印刷を始める。東京オリンピックでは連日カラー写真を掲載し、「カラーの静岡新聞」の礎を築く。高品質なカラー印刷を目指しグラビア輪転機を導入。同時に、日曜版印刷を開始する。

グラビア輪転機導入
1961年1月 カラー印刷第1号を発行。(株)図書印刷沼津工場に委託印刷
1962年8月 両面4色凸版オフセット(ドライオフセット)1号輪転機を設置
1962年10月 別刷りで朝刊1面・終面のカラー印刷開始
1963年3月 初めてカラー広告を掲載
1964年10月 オリンピック東京大会の期間中(16日間)、競技写真のカラー印刷を発行
1969年2月 ドイツ製8色刷りグラビア輪転機(凹版)を設置

1970年代

平版を使用するウェット式オフセット印刷をいち早く導入し、オフセット技術の研鑚を積む。凸版全盛時代に平版とのハイブリッド印刷を手がけ、新聞と広告(オフセット)を 同時印刷しながら折り込む技法を開発した。更に、オフセット印刷へと進む。

新聞新聞・静岡放送本社
1971年8月 ウェット式半裁サテライト機(平版)を設置し、 凸版とのハイブリッド印刷を開始
1975年7月 1面カラー写真が全面からスポットへ
1979年6月 全幅サテライト機とB-B機で、全紙面オフセット印刷化へ 4個面カラー

1980年代

バブル期を迎え、連日カラー広告掲載となる。日本経済新聞、聖教新聞の受託印刷を手がける。

1990年代

1台の印刷機で両面8ページのカラー印刷が出来るタワープレスを共同開発し、現在の新聞印刷の潮流を作る。

両面8ページのカラー印刷が出来るタワープレスを共同開発
1985年7月 聖教新聞 受託印刷開始
1985年10月 日本初の全自動カラー刷版製版装置始動
1987年3月 日本経済新聞 受託印刷開始
1992年3月 タワー型輪転機(タワープレス)を東京機械製作所と共同開発し、印刷を開始
1997年9月 全機タワープレスを設置し、制作センター稼動開始 16個面カラー

2000年代

各分野での研究が認められ、各賞を受賞する。チラシ印刷も盛んになり、中質紙での印刷も手がける。

2010年代

静岡新聞社(印刷局)より、分社化する。

AM高精細、GCRの運用を開始
2007年12月 タワープレスを増設し、モアーカラー化へ 24個面カラーとなる
2010年4月 株式会社 静岡新聞総合印刷を設立
2011年5月 AM高精細、GCRの運用を開始
2015年9月 AM超高精細の運用を開始
2016年6月 刷版無処理化

各賞受賞・特許

各賞受賞

昭和45年(1970)10月 グラビア印刷による新聞発行の論文に対し「昭和45年度日本新聞協会の新聞印刷技術賞」を受賞
昭和51年(1976)10月 新聞の多色刷り技法開発に対し「昭和51年度日本新聞協会賞」を受賞
昭和63年(1988)9月 カラー用製版ロボット開発で「昭和62年度新聞協会新聞技術賞」を受賞
平成5年(1993)10月 カラートップの開発に対し「平成5年度日本新聞協会賞」を受賞
平成6年(1994)1月 新聞用タワー型オフセット輪転機の実用開発に対し「平成6年度機械振興協会賞」を受賞
平成11年(1999)6月 新聞製作工程管理システム開発に対し「平成11年度日本新聞協会技術委員会賞」を受賞
平成16年(2003)5月 インキ調整の実績を反映したインキ変換カーブの割り出しの開発に対し「平成15年度日本新聞協会技術委員会賞」を受賞
平成16年(2004)5月 AGV用バッテリーの効率的な運用の開発に対し「平成16年度日本新聞協会技術委員会賞」を受賞
平成18年(2006)5月 DIPステッピングモーター回転試験装置の開発に対し「平成18年度日本新聞協会技術委員会賞」を受賞
平成18年(2006)10月 国際カラー品質コンテスト:INCQC 2006-2008で、世界50社の1つとして表彰される。日本の新聞社では初めての受賞
平成21年(2009)5月 T-NPCによる省力化ソフトの開発に対し「平成21年度日本新聞協会技術委員会賞」を受賞
平成22年(2010)10月 国際カラー品質コンテスト:INCQC 2010-2012 を受賞し、2度目のメンバー入りとなる
平成23年(2011)5月 CTPによる見当補正機能の開発に対し「平成23年度日本新聞協会技術委員会賞」を受賞
平成28年(2016)6月 国際カラー品質コンテスト:INCQC 2016-2018 を受賞し、3度目のメンバー入りとなる

静岡新聞社SBS関連グループ会社

  • 新聞印刷及び受託印刷株式会社静岡新聞総合印刷
    本社/〒422-8033
    静岡市駿河区登呂3-1-1 制作センター内
    Tel.054-284-9044 
    Fax.054-284-9038
  • 新聞及び一般貨物の輸送静岡県新聞輸送株式会社
    本社/〒422-8047
    静岡市駿河区中村町405-1
    Tel.054-285-7799 
    Fax.054-287-6066
  • 総合住宅展示場SBSマイホームセンター株式会社
    本社/〒422-8033
    静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 新聞放送会館 15階
    Tel.054-284-1400
  • 広告・保険、旅行代理店株式会社 SBSプロモーション
    本社/〒422-8061
    静岡県静岡市駿河区森下町1-35 静岡MYタワー
    Tel.054-260-6911 
    Fax.054-280-0215
  • テレビ・ラジオ番組 企画制作株式会社 SBSメディアビジョン
    本社/〒422-8033
    静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 新聞放送会館内
    Tel.054-286-9955
  • ハワイ唯一の日本語日刊新聞株式会社 ハワイ報知社
    本社/〒96817-4528
    ハワイ州 ホノルル市コケア街 917
    (Address:917 Kokea Street, Honolulu, Hawaii U.S.A.)
    Tel.(808)845-2255 
    Fax.(808)847-7215
  • 伊豆で最大の発行部数を誇る日刊紙株式会社 伊豆新聞本社
    本社/〒414-0054
    伊東市鎌田1290-6
    Tel.0557-36-1234 
    Fax.0557-36-9928
  • マーケティング事業株式会社 トムス
    本社/〒422-8033
    静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 新聞放送会館 13階
    Tel.054-201-9323 
    Fax.054-281-1923
  • システムインテグレーション事業株式会社 SBS情報システム
    本社/〒422-8033
    静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 新聞放送会館内
    Tel.054-283-1300 
    Fax.054-284-9182

関連団体

  • 公益財団法人 静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団
    〒422-8033
    静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 新聞放送会館内
    Tel.054-284-3217 
    Fax.054-284-3279
  • 駿府博物館
    〒422-8033
    静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 新聞放送会館内
    Tel.054-284-3216 
    Fax.054-284-3279
  • 一般社団法人 静岡県中部未来懇話会
    〒422-8033
    静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 新聞放送会館 14F
    Tel.054-260-5889 
    Fax.054-287-2669
  • 21世紀倶楽部
    〒430-0927 浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F 静岡新聞社・静岡放送 浜松総局内
    Tel.053-455-2001 
    Fax.053-455-2021
  • サンフロント21懇話会
    〒410-0892
    沼津市魚町1 サンフロント5F 静岡新聞社・静岡放送 東部総局内
    Tel.055-962-6520 
    Fax.055-962-6752
  • 公益財団法人 SBS静岡健康増進センター
    〒422-8033
    静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 新聞放送会館内
    Tel.054-282-1109 
    Fax.054-285-1460
  • 静岡新聞放送健康保険組合
    〒422-8033
    静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 新聞放送会館内
    Tel.054-284-8970 
    Fax.054-284-9037
  • 静岡新聞放送厚生年金基金
    〒422-8033
    静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 新聞放送会館内
    Tel.054-284-8992 
    Fax.054-280-1046
お問合せ

ご相談・お問合せ

tel054-284-9044